キャッシングで延滞

キャッシングで延滞をするとどうなる?

キャッシングで延滞をしたときのデメリットは、一般人が思っている以上に大きいことがあります。水道料金などを延滞しても、いくらかの延滞料が次の月に上乗せされて請求されてくるだけで、水道が止められる前に支払えばそれほど大きなデメリットはありません。しかし、キャッシングやカードローンの返済で延滞をすると、個人信用情報に記録が残ります。その後ローンを組むときに審査に大きな影響が出てしまいます。

 

滞納が3ヶ月以上続くと、いわゆるブラックリストにも載ってしまいます。金融事故を起こしてブラックリストにのった人は、金融機関からの信用を失った状態になるので、ローンの審査に通らなくなります。ブラックリストに載っている期間は、借金を完済してから5年間なので、かなり長い間金融機関、貸金業者からの信用を失うことになります。

 

よく、返済期日に数日遅れるくらいならきちんと連絡をすれば大丈夫だと考えている人がいますが、たった数日の延滞でも契約違反であることに変わりはないので、個人信用情報に記録は残ります。銀行などは信用をとても重視するので、過去2年でたった1回の延滞があるというだけでも審査に落ちるということがあります。住宅ローンなどは銀行でしか借りられませんので、延滞があるためにマイホームが購入できないということも起こり得ます。住宅ローンなどのように重要な審査がある場合には、5年くらい前から準備しておき、信用をあげるように努力をしておかなくてはなりません。


このページの先頭へ戻る