銀行カードローンの保証会社

無担保で保証人不要の銀行カードローンの保証会社の役割

銀行のカードローンは、無担保で保証人を必要としないのが特徴のキャッシングです。そのため、新規及びキャッシング利用中の審査や返済が滞ったりした時の取り立てなどを銀行が直接行わないで、保証会社というところに依頼しているのが普通です。
こうした保証会社は、同じ銀行グループ傘下だったり、関係の深い会社をだったりします。そして、その多くは、以前消費者金融を営んでいたところまたは、現在も営業しているところです。
カードローンの新規申し込みがありますと、その顧客の審査を保証会社に依頼します。そうしますと、銀行に代わって新規顧客の主に金融関連の信用情報をこのような情報を専門に扱っているところから取り寄せて審査をします。この時に本人確認や勤め先の在籍確認なども行なって、カードローンの審査の可否を銀行側に連絡します。また、貸出中の顧客に対しても一定期間ごとに信用調査を行ったりもしています。
もし、カードローンの返済が滞ったりする金融事故が起きた時には、その回収に直接タッチするのも保証会社の役目です。現在では、キャッシングの回収において業者側にいろいろな制限がありますので、昔のように無理な取り立て等はありませんが、専門家集団があるていど定まった手続きにしたがって回収しにきます。そして、一度金融事故を起こした人は、先ほどの信用情報を専門に扱っているところのデータベースに登録されますので、その後のキャッシングが難しくなります。


このページの先頭へ戻る