銀行の借入限度額

銀行借入限度額は金融機関の中でトップクラス

銀行の借入限度額は消費者金融と比べても高くなっており、1,000万円に設定している銀行も見られます。
消費者金融と比べても高額枠に対応しており、さらに総量規制の対象になりません。
総量規制はノンバンク全般に適用となる法律であり、借入できる金額は年収の3分の1です。
年収の3割なら借りられますが、4割になると借りることができないわけです。
これに対して銀行は何割という規定がなく、4割を借りることができるところもあれば、2割も難しいというところもあるでしょう。
具体的にいくらまで融資可能という規定は、銀行、消費者金融を問わずに設定していません。
ただ、消費者金融からすでに1円も借入できない状態にあるならば、総量規制の対象外の金融機関で借入するしかないでしょう。

 

カードローンの審査は借入希望額に大きく左右されるため、必要な範囲を超えて借りるのは避けたほうがいいでしょう。
確かに多めの枠があれば万が一のときに助かるでしょうが、カードローンから借りたお金は借金だと認識する必要があります。
ここを忘れてしまうと借りすぎになり、やがて返済で逼迫してしまうのです。
返済できない金額を借りて一番困るのは自分なので、追加融資を受けたいときは慎重になる必要があります。
複数ローンを抱えている方は、高額融資に対応した銀行のおまとめローンが便利なので、一本化をして返済を楽にしてしまいましょう。
低金利ローンに乗り換えすれば利息も減るので、より返済は楽になります。


このページの先頭へ戻る